• Total page views: 51,946

SDGs検定対策~ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)編~

SDGs検定
Site Statistics

    こんにちは。

    ここでは、政府の取組であるSDGs実施指針にも盛り込まれている「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ」について、押さえていきます。

    まずは、英語の意味を押さえていきますと、

    Universal:全員の

    Health:健康

    Coverage:填補

    直訳すると、誰一人取り残さない健康状態を補うことを意味すると言ってよいでしょう。

    厚生労働省のHPにはこのように、説明されております。

    ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(Universal Health Coverage(UHC))とは、「全ての人が適切な予防、治療、リハビリ等の保健医療サービスを、支払い可能な費用で受けられる状態」

    https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000158223_00002.html

    SDGs検定でも出題される可能性がありますので、独立行政法人 国際協力機構HPにあるユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)の説明文から穴埋め問題で確認しておきましょう。

    ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)とは?

    UHCとは「すべての人が、適切な健康増進、予防、治療、機能回復に関するサービスを、支払い可能な費用で受けられる」ことを意味し、すべての人が経済的な困難を伴うことなく(      )を享受することを目指しています。

    持続可能な開発目標(SDGs)においてもゴール(   A   )の中でUHCの達成が掲げられておりますが、UHC達成のためには「保健医療サービスが身近に提供されていること」、「保健医療サービスの利用にあたって費用が障壁とならないこと」の2つが達成される必要があることから、2017年7月の国連総会では「必要不可欠の(   B   )の適用範囲」と「家計収支に占める(    C   )が大きい人口の割合」をSDGsにおけるUHC指標とすることが採択されました。

    UHCを達成するためには、( A )アクセス、( B )アクセス、(   C   )アクセスの3つのアクセスの改善に加え、提供されるサービスの質が高まることが重要です。

    一部ではありますが、SDGsにとって重要な項目となりますので、確認しておきましょう!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました