• Total page views: 11,210

CSR検定対策1スライド解説~CSV編~

CSR検定
Site Statistics

    こんにちは!

    CSR(企業の社会的責任)を学ぶにあたって意味が混同してしまう「CSV」について分かりやすく解説します。

    CSRとCSVは字面は似ていますが、単語は全然違います。

    内容も似ているように思えますが、性格が異なっており、どちらも企業にとっては実施しないといけないものですので、違いを押さえておきましょう。

    CSRとCSVの違い

    CSVとは「Creating Shared Value(共有価値の創造)」といい、これの頭文字をとったものです。

    CSVの意味としては、企業の事業を通じて社会的課題を解決することから生まれる「経済的価値」と「社会的価値」を同時実現させようとする概念です。

    一方、CSRとは「Corporate Social Responsibility(企業の社会的責任)」といい、これの頭文字をとったものでしたね。

    CSRの詳細解説についてはコチラ

    どちらも、企業が行う社会貢献活動のことですが、比較してみてみるとその違いが分かりやすいと思います。

    スライドにまとめましたように、CSRをリスクマネジメント、CSVをビジネスチャンスと捉えると、しっくりくると思います。

    すなわち、CSVがCSRに置き換わったり、CSRかCSVのどちらかを実践すればよいというわけでなく、どちらも実践することが必要不可欠であると言えます。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました