• Total page views: 52,041

eco検定 1スライド解説~風力発電編~

eco検定対策
Site Statistics

    こんにちは。

    今回は近年注目を集めている再生可能エネルギーの一種「風力発電」について説明します。

    風力発電とは、風の力を利用してブレードを回転させ、タービンを回して発電する発電方法です。

    風力発電のメリットは風の力を使って発電できるため、二酸化炭素を排出しないクリーンな発電方法です。

    一方で、風が吹かなければ発電できませんし、シャドーフリッカーによる健康被害や、バードストライクのおそれがあります。

    さて、eco検定で取り上げられる空力発電に関するワードについて確認していきましょう。

    〇ウインドファーム

    wind farm とは直訳すると「風の農場」と言う意味で、多数の風力タービンを1箇所に設置している施設を意味します。

    ウィンドファームは陸上だけでなく洋上に設置されることもあります。

    〇シャドーフリッカー

    shadow flickrとは直訳すると「影の明滅」

    晴天時に風力発電のブレードが回転すると、地上にブレードの影を明滅させる現象です。

    風力発電所の近くに住んでいる人はこのチカチカするブレードの影の明暗により、頭痛やストレスといった健康被害を引き起こすことが懸念されております。

    〇バードストライク

    bird strikeとは、人工物に鳥が衝突することです。

    鳥と飛行機がぶつかる事故を指すことが多いようですが、ここでは、風力発電の回転しているブレードに鳥がぶつかってしまう現象をを指します。

    〇低周波・騒音問題

    低周波音とは、空気の振動によって発生する低い音のことです。

    静音な地域に設置されるため、騒音レベルとしては小さい音のようですが、苦情が発生しており、人にとって不快感を与えることがあります。

    風力発電は二酸化炭素を発生させない再生可能エネルギーとして注目を集めている一方で、人や動物に悪影響を与える可能性も含んでいます。

    風力発電のメリットと抱える課題について理解しておく必要がありますね。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました