• Total page views: 51,952

eco検定1スライド解説~エネルギー源として天然ガス~

eco検定対策
Site Statistics

    天然ガスは、現代社会における重要なエネルギー源の一つです。燃焼時に排出される二酸化炭素の量が他の石炭や石油といった化石燃料に比べて少ないため、環境への負荷が相対的に低いとされています。また、同時に硫黄酸化物や窒素酸化物などの有害物質の排出も抑えられます。このため、天然ガスはクリーンなエネルギー源と見なされ、特に電力生産においては石炭火力発電の代替として推奨されています。

    それでは、今回は、天然ガスの基礎知識について押さえていきましょう。

    天然ガスとは?

    天然ガスは、主にメタンからなる可燃性のガスです。

    天然ガスは、石炭や石油に比べ燃焼時に二酸化炭素発生量が少ないため、地球温暖化抑制に寄与します。さらに、窒素酸化物の発生量が少なく、また硫黄酸化物やばいじんが発生しません。

    https://www.gas.or.jp/tokucho/

    地下深くにある鉱床から採掘され、主に以下の用途で使用されています。

    • 火力発電: 発電燃料として利用されます。日本では、2021年における発電電力量の約7割が天然ガス火力発電で発電されています。
    • 都市ガス: 家庭や事業所に供給されるガスとして利用されます。日本の都市ガスの約9割が、天然ガスを原料として製造されています。
    • 工業用燃料: 化学工場や鉄鋼工場などの燃料として利用されます。
    • 自動車燃料: 天然ガスを燃料とした自動車が開発されています。
    • 冷暖房: 家庭や事業所の冷暖房用エネルギーとして利用されます。

    天然ガスは、気体のままでは遠くへ運ぶことができません。

    そこで、-162℃という極低温で、液化天然ガス(LNG)と呼ばれる液体に変化させて海上輸送します。

    LNG基地に到着すると、LNGは再び気化の工程で気体に戻り、パイプラインを通じて都市ガスや発電燃料として利用されます。

    天然ガスは、主にオーストラリア、マレーシア、カタールから輸入している

    https://www.tokyo-gas.co.jp/network/kids/genzai/g1_2.html


    日本は天然ガスのほとんどをLNGの形で輸入しており、2019年度のLNG輸入実績量は7650万トンでした。

    日本は世界最大のLNG輸入国であり、2018年のLNG輸入量は世界の約10%を占めています。

    理解度チェック問題

    日本は石油や石炭資源と同様に天然ガスもほとんど輸入に頼っている。

    1. 〇 正しい
    2. ×  間違い
    回答はここをクリック

    正解:1.〇 正しい 解説:日本は世界最大のLNG輸入国であり、天然ガスは約97%を外国から輸入しています。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました