• Total page views: 11,234

eco検定1スライド解説~炭素生産性編~

eco検定対策
Site Statistics

    近年、地球温暖化対策が喫緊の課題となる中、「脱炭素社会」の実現に向けた取り組みが世界中で加速しています。

    そこで、今回取り上げるのが「炭素生産性」という指標です。

    炭素生産性とは?

    二酸化炭素排出量当たりの国内総生産(GDP)を表す指標です。

    つまり、どれだけの二酸化炭素を排出して、どれだけ経済価値を生み出しているかを数値で示したものです。

    脱炭素社会への進捗を測る指標となる炭素生産性は、単にCO2排出量を削減するだけでなく、経済成長と環境保全の両立を目指す指標です。

    CO2排出量のみを削減しても、経済成長が停滞してしまえば、国民生活の質が低下する可能性があります。

    炭素生産性を向上させることで、経済成長と環境保全を両立しながら、持続可能な社会を実現することができます。

    三菱総合研究所の記事を参照すると、2020年では、スイスが世界最高水準の炭素生産性を誇っていますが、我が国日本は、主要7カ国(G7)で5位。主要先進国の中でも下位にとどまっています。

    理解度チェック問題

    日本の炭素生産性は世界全体で見ても、低い順位に位置している。

    1. 〇 正しい
    2. ×  間違い
    回答はここをクリック

    正解:1.〇 正しい 解説:主要7カ国(G7)で5位。主要先進国の中でも下位にとどまっています。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました