• Total page views: 11,235

eco検定1スライド解説~自然環境に関する法律編~

eco検定対策
Site Statistics

    こんにちは。今回は、自然環境に関する法律について説明します。

    今回は美しい景観、豊かな生態系、そして命の源である水や空気など、自然を守るために制定された4つの法律、「都市公園法」「自然公園法」「自然再生推進法」及び「景観法」について、それぞれ詳しく解説します。

    それぞれの違いを理解し、選択式で出題されたときは混乱しないようにしましょう。

    都市公園法:

    1956年に制定された「都市公園法」は、都市における住民の憩いの場や災害時の避難場所となる都市公園の整備を推進することを目的とした法律です。

    「都市公園」は、国土交通省HPによると、

    ① 住区基幹公園 ② 都市基幹公園 ③ 大規模公園 ④ 国営公園 ⑤ 緩衝緑地等 の5つに大きく分類されております。

    (都市公園の管理)

    第二条の三 都市公園の管理は、地方公共団体の設置に係る都市公園にあつては当該地方公共団体が、国の設置に係る都市公園にあつては国土交通大臣が行う。

    https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=331AC0000000079#A

    とあり、都市公園とは国または地方自治体が設置した公園のことを指します。

    参照URL:https://www.mlit.go.jp/toshi/park/toshi_parkgreen_tk_000138.html

    自然公園法:

    1957年に制定された「自然公園法」は、優れた自然景観や貴重な自然環境を有する地域を「自然公園」として指定し、保護することを目的とした法律です。

    第一条 この法律は、優れた自然の風景地を保護するとともに、その利用の増進を図ることにより、国民の保健、休養及び教化に資するとともに、生物の多様性の確保に寄与することを目的とする。

    https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=332AC0000000161

    自然公園には、国立公園、国定公園、都道府県立自然公園の3種類があります。

    それぞれの特徴は以下の通りです。

    1. 国立公園

    指定: 環境大臣  管理: 環境省
    特徴:
    日本の自然の代表的な景勝地で、優れた自然環境を有する。
    国が直接管理を行い、自然環境の保全と利用の両立を図る。

    1. 国定公園

    指定: 環境大臣  管理: 都道府県


    特徴:
    国立公園に準ずる優れた自然景観地で、豊かな自然環境を有する。
    都道府県が管理を行い、国立公園よりも利用の規制が緩やか。
    レクリエーションや観光など、多様な利用が可能。

    1. 都道府県立自然公園

    指定: 都道府県知事   管理: 都道府県


    特徴:
    都道府県内における優れた自然景観地で、自然環境の保全を図る。
    国立公園や国定公園に比べて規模は小さいが、身近な自然を気軽に楽しめる。

    自然再生推進法:

    2002年に制定された「自然再生推進法」は、荒廃した自然を再生し、豊かな自然環境を創造することを目的とした法律です。

    この法律は、我が国の生物多様性の保全にとって重要な役割を担うものであり、地域の多様な主体の参加により、河川、湿原、干潟、藻場、里山、里地、森林、サンゴ礁などの自然環境を保全、再生、創出、又は維持管理することを求めています。

    https://www.env.go.jp/nature/saisei/law-saisei/

    具体的には、以下の取り組みを推進します。

    • 自然再生事業: 国や地方公共団体、民間事業者などが協力して、森林、河川、サンゴ礁などの自然環境を再生する事業
    • 自然再生協議会: 自然再生事業の実施者が、地域住民、NPO、専門家、関係行政機関等とともに自然再生に関する計画を策定・実施
    • 自然再生技術の開発・普及: 自然再生に役立つ技術の開発と普及

    参照URL: https://www.env.go.jp/nature/saisei/law-saisei/

    景観法:

    2004年に制定された「景観法」は、美しい景観を保ち、創造することを目的とした法律です。

    具体的には、以下の取り組みを推進します。

    • 景観形成地区の設定: 景観を良好に保つ必要がある地区を指定し、建築物や広告物の規制などを行う
    • 景観重要樹木等の指定: 地域の景観形成に重要な役割を果たしている樹木等を指定し、保護
    • 景観計画の策定: 地域の景観に関する基本的な方針を定めた計画を策定

    参照URL: https://www.env.go.jp/content/900492748.pdf

    理解度チェック問題

    国定公園とは、自然公園法に基づいて環境大臣が指定した公園で、環境省が管理する。

    1. 〇 正しい
    2. ×  間違い
    回答はここをクリック

    正解:2.× 間違い 解説:国定公園とは、自然公園法に基づいて環境大臣が指定し、都道府県が管理する。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました