• Total page views: 11,261

SDGs検定対策!持続可能な開発のための2030アジェンダ穴埋めクイズ16~持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット編~

SDGs検定
Site Statistics

    こんにちは。

    ここでは、2015年の9月25日-27日、ニューヨーク国連本部において、開催されました「国連持続可能な開発サミット」において、採択されました「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」について、クイズ形式で覚えていくことを目的としています。

    SDGs検定を受験するにあたり、理解しておく必要がある文書ですが、長文ですので、パートごとに区切って少しずつ進めていきましょう。

    我々の世界を変革する:持続可能な開発のための 2030 アジェンダ穴埋めクイズ16~持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット編~

    54.(SDGs公開作業部会報告書)包摂的な政府間交渉プロセスを経て、且つ持続可能な開発に関する公開作業部会の提案、その中には同提案の背景を説明するシャポー1を含む、を踏まえ、下記の事項が、我々が合意した目標とターゲットである。


    55.(各国の状況を踏まえた差別化)持続可能な開発目標(SDGs)とターゲットは、各国の置かれたそれぞれの現状、能力、発展段階、政策や優先課題を踏まえつつ、一体のもので(   )できないものである。また、地球規模且つすべての国に対応が求められる性質のものである。

    ターゲットは、地球規模レベルでの目標を踏まえつつ、各国の置かれた状況を念頭に、(  A  )が定めるものとなる。また、各々の政府は、これら高い目標を掲げる(     B     )を具体的な国家計画プロセスや政策、戦略に反映していくことが想定されている。持続可能な開発が経済、社会、環境分野の進行中のプロセスとリンクしていることをよく踏まえておくことが重要である。


    56.(特別な課題を持つ国々)これらの目標とターゲットを決定するに当たって、我々は各国が持続可能な開発を達成するために特有の課題に直面していることを認識し、最も脆弱な国々、特に(   A   )、後発開発途上国、内陸開発途上国、小島嶼開発途上国が直面している特別な課題とともに、(  B  )が直面している特有の課題を強調する。また、(  C  )にある国々も特別な配慮を必要としている。


    57.(データ収集のための能力構築)我々は、いくつかのターゲットについては、(   A   )が入手困難であるということを認識し、まだ確立されていない国及び地球規模レベルの(   A   )を整備するための加盟国レベルでの能力構築及びデータ収集強化の支援を強く求める。我々は、以下のターゲットの内、特に明確な数値目標が掲げられていないものについて、その進捗をより的確に把握するために適切な対応をとることにコミットする。


    58.(他のプロセスとの関係)我々のアジェンダの実施の妨げとなり得る課題に関する他のフォーラムでの各国の取組を歓迎する、また一方で、それらのプロセスの(  A  )も尊重する。我々は、本アジェンダ及びその実施が、他のプロセスやそこでの決定に対しこれに貢献することはあっても( B )することのないようにする。


    59.(各国の差別化)我々は、持続可能な開発の達成に向け、それぞれの国が置かれた状況及び優先事項に基づき各々に違ったアプローチ、ビジョン、モデルや利用可能な手段が変わってくることを認識する。そして、我々は、地球という惑星及びその生態系が我々の故郷であり、「(      )」が多くの国及び地域において共通した表現であるということを再確認する。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました