• Total page views: 52,056

SDGs17の目標ごとの説明、事実と数字~People(健康・教育)編~

SDGs検定
Site Statistics

    こんにちは。

    ここでは、国連連合広報センターに掲載されている17の目標ごとの説明および「事実と数字」について、穴埋めクイズ形式でまとめております。

    今回は~People編(健康・教育)~ということで、SDGsの17のゴールの中で『People (人間)』に関する目標3~目標4を見ていきましょう。

    目標 3 あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

    小児保健

    毎年( A )人を超える子どもが、5歳の誕生日を迎える前に命を落としています。

    2000年以来、はしかの予防接種でほぼ( B )人の命が救われました。

    貧困な家庭で生まれた子どもが5歳未満で死亡する確率は、比較的裕福な家庭で生まれた子どもの約(C)倍に上ります。

    妊産婦保健

    妊産婦の死者数は2000年以来、( A )%減少しています。
    東アジア、北アフリカ、南アジアでは、妊産婦の死者数がほぼ( B )減少しました。
    しかし、開発途上地域の妊産婦死亡率(出生数に対する妊産婦死者数の比率)は、依然として先進地域の(C )倍に上ります。

    開発途上地域では、産前ケア受診率が1990年の65%から2012年の( A )%へと上昇しました。

    開発途上地域では、推奨される医療を受けられる女性が全体の( B )にすぎません。

    HIV/エイズ、マラリアその他の疾病

    2017年の時点で、全世界のHIV感染者は( A )万人に上ります。
    2017年の時点で、( B )万人が抗レトロウイルス療法を受けています。
    2017年には、新たに( C )万人がHIVに感染しました。


    2017年には、エイズ関連の疾病で(A)万人が死亡しています。
    エイズの蔓延が始まって以来、( B )万人がHIVに感染しています。
    エイズの蔓延が始まって以来、エイズ関連の疾病で( C )万人が死亡しています。



    エイズは、全世界で、思春期の子ども(10~19歳)の(A)番目に大きな死因となっています。
    2000年から2015年にかけて、サハラ以南アフリカの5歳未満児をはじめとする( B )万人以上が、マラリアによる死を免れました。

    全世界のマラリア罹患率は(C)%、死亡率は(D)%、それぞれ低下したと見られています。

    目標 4 すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する。

    開発途上国の初等教育就学率は91%に達しましたが、まだ( A )万人の子どもが学校に通えていません。
    小学校就学年齢で学校に通っていない子どものおよそ( B )%は、紛争地域に住んでいるものと見られます。
    全世界で( C )万人の若者が、基本的な算術と読み書きの能力を欠いています。

    引用HPは、国際連合広報センターですのこちらです。持続可能な開発目標(SDGs)ー 事実と数字

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました