• Total page views: 11,236

やさい物語で水耕栽培 まとめ

水耕栽培
Site Statistics

    こんにちは。

    今回は、水耕栽培キット「やさい物語」において、これまでのレタス栽培において実施したことをまとめます。

    0.栽培しているレタスの種類は?

    現在栽培中のレタスは「やさい物語」を購入した際についてきた、付属品を用いております。

    この種類はリーフレタスで、結球しないものです。

    リーフレタスのような葉野菜は水耕栽培に適しているようです。

    レタスの詳しい種類、栽培環境については以下リンクに貼っておきます。

    やさい物語で水耕栽培 [レタス特徴編]

    1.LED照明の照射時間について!

    考えたのがLED照明の照射時間についてです。

    野菜栽培において、日照時間や気温というのは野菜の成長に大きく影響を与えます。

    せっかく、IoTで監視できるので記録をとってうまくコントロールています。
    やさい物語で水耕栽培 [LED照射理論編]

    2.間引き

    水耕栽培でも生長がはやい芽と、遅い芽がありました。
    土耕栽培と同様に、小さい芽を摘んでしまい、配置を変えて生長を促進させたいと思っています。

    3.LED照明の効率的集光について!(参考)

    「やさい物語」はインテリアとして活躍できるとのコンセプトに反しますので、参考にはならないと思いますが。

    キットの中のLED照明の光を少しも無駄にしないように工夫を行っています。
    一つは透明の窓から光が逃げないこと。
    主に就寝中は一晩中照明はつけっぱなしなので、無駄に明るいのが気になるということもあり、アルミホイルでカバーを作製しました。

    外観はかなりダサくはなりますが、光を外へ漏らさないための工夫の一つです。
    結構照明が明るいので、寝ている間は何かしらのカバーはかけたていた方がよいかもしれません。

    もう一つは、キット内の反射率をより効率的にすることです。
    キットのボディは白が基調でカッコいいのですが、キット内の側面は黒色のパーツでできています。

    白は光を反射しますが、黒は光を吸収してしまいますので、こちらもアルミシールを貼って、反射効率を上げる試みを実施しています。

    効果のほどは不明ですので、おすすめはしません。

    また、2週間後くらいに、大きく生長しているはずであろう様子をまとめたいと思います。
    キングジム/やさい物語 水耕栽培キット (OCT-BD01) KING JIM ちょっとした観葉植物、癒しのインテリアとしても活躍

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました