• Total page views: 51,811

アフリカンマリーゴールド品種の栄養と開花性能に及ぼすフミン酸とミミズコンポストの影響

ミミズコンポスト
Site Statistics

    本調査は、アフリカ マリーゴールドのフミン酸とバーミコンポストの最適な組み合わせを評価をまとめたコチラの論文「Influence of Humic Acid and Vermicompost on Vegetative and Flowering Performances of African Marigold cv. Seracole in Indo-Gangetic Plains of West Bengal」を紹介します。

    本実験は、 4 つの濃度のフミン酸抽出物を、ミミズ堆肥の基本用量と組み合わせて葉面散布として適用しました。

    すべてのパラメータは、栄養、開花、および品質パラメータに関して有意差を示しております。

    では、詳細を見ていきましょう👍

    1.はじめに

    さまざまな鑑賞用の植物の中で、アフリカンマリーゴールドは、その高い耐性レベル、成長しやすい性質、および高収量のため、インドだけでなく他の国でも商業的に栽培されている植物の 1 つです。

    マリーゴールドの葉と花は、市場の需要だけでなく、薬用としても非常に価値があります。

    バーミコンポストは、ミミズを利用して有機性廃棄物を、優れた保水力、高い多孔性、微生物活性に優れた土壌に改良剤させた堆肥です。

    多くの炭素、窒素、ミネラルが含まれているため、発芽、植物の発育、収穫量、品質が向上します。

    マリーゴールドはインドの重要な商業用植物ですが、観賞用の花の成長と品質を明らかにする実験はほとんどありません。

    そこで、本調査では、アフリカンマリーゴールドの商品価値と収量を向上させるために、フミン酸とミミズ堆肥の組み合わせの最適施用量を見つけるために実施されました。

    2. 材料と方法

    本野外実験は、2017-18 年の冬季に西ベンガル州ナディアの園芸研究ステーションで実施されました。

    発根した苗は、植えてから 30 日後に摘み取った。

    バーミコンポストは土壌の準備中に適用され、フミン酸の葉面散布は、処理用量に従ってつまんでからわずか2日後に行われました。

    本実験は、 下表のように4 つの濃度のフミン酸抽出物 (0.5 g/l、1.0 g/l、1.5 g/l および 2 g/l) を、ミミズ堆肥の基本用量 (1 kg/m および 2 kg) と組み合わせて葉面散布として適用しました。.

    すべての栄養パラメーター (草丈、1 株あたりの主枝の数、および植物の広がり) は最初の花芽の出現段階で取得され、一方、開花および品質パラメーター (満開までの日数、花の直径、花の数) のデータは取得されました。

    植物あたり、個々の花の平均生重量と乾燥重量、花の収量、カロテノイド、および花のリコピン含有量)を開花期全体で収集しましたが、葉のクロロフィル含有量は栄養段階のピークで記録されました。

    3.結果と考察

    草丈

    最高の草丈 (54.54 cm) は T8 (フミン酸 1.5 g/l + 2 kg バーミコンポスト/m2) で得られ、T4 (フミン酸 1.5 g/l+ 1 kg バーミコンポスト/m2) (52.79 cm) が続いた。

    最も低かったサンプルはT1 (コントロール) で観察されました。

    フミン酸は、そのコロイド特性または重金属の存在により、有益な微生物に影響を与えた可能性があり、成長促進剤、ビタミン、および抗生物質を生成することにより、植物の成長を促進する可能性があります。

    成長に影響を与える物質の量は、ミミズ堆肥の量を増やすことで強化され、草丈にプラスに影響を与える可能性があります。

    1次枝

    一次枝の生産に関しては、T8 (フミン酸 1.5 g/l + 2 kg ミミズ堆肥/m2) が最も多くの一次枝/植物 (7.21) を生産し、T7 (フミン酸 1 g/l+ 2 kg ミミズ堆肥/m2) が僅差で続きました ( 7.00)。

    植物あたりの主要な枝の最小数 (4.20) は、コントロールで記録されました。

    フミン酸を葉面散布すると、より多くの枝が生成されました。これは、フミン酸が理想的な C:N 比を含み、分解後に窒素を硝酸塩およびアンモニウムイオンとして排出するためと考えられます。 このミネラル成分の濃縮は、より多くの一次枝に影響を与えた可能性があります。

    最初の花芽出現までの日数

    植物にフミン酸 1.5 g/l + 2 kg バーミコンポスト/m2 を供給した場合 (T8) が最も早い花芽出現 (40.30 DAT) を示し、T7 (フミン酸 1 g /l + 2 kg バーミコンポスト/m2) (41.69 DAT)が続きました。

    花芽の出現が最も遅れたのは、49.22 DATのT1 (コントロール)でした。

    最初の花芽の出現の日から満開までの最短日数

    最短日数(12.67 日) は、処理 T8 で観察され、T7 (フミン酸 1 g/l + 2 kg ミミズ堆肥/m2) (13.96 日) と T3 が続きました。 (フミン酸 1 g/l + ミミズ堆肥 1 kg/m2) (14.24 日)、コントロールでは最長の日数 (17.52 日) が記録されました。

    この結果は、花芽の出現と満開にかかる日数が、Ghosh らの研究によっても大幅に減少したことを示しています。 同様のタイプの結果が、フレンチマリーゴールドのバーミコンポストの用量を増やした場合にも見られました。

    花の直径

    花径についても、T8 (フミン酸 1.5 g/l + 2 kg バーミコンポスト/m2) が植物あたりの花の数が最も多い (84.16) のに対して、T1 (対照) は植物あたりの花の数が最も少ない (49.83) ことを示しました。

    花の大きさに関して、ガーベラのフミン酸の量を増やすことによるプラスの効果も指摘しています.。

    フミン酸の投与量を増やすと、一次枝の数が改善され、最終的に植物あたりの花の数が増加したと考えられます。

    個々の花の新鮮重量

    個々の花の新鮮重量は、T8 (フミン酸 1.5 g/l + 2 kg バーミコンポスト/m2) (9.06 g) で最大で、T4 (フミン酸 1.5 g/l + 1 kg バーミコンポスト/m2) (8.51 g) が続きました。

    個々の花の乾燥重量

    個々の花の平均乾燥重量は、T8 (フミン酸 1.5 g/l + 2 kg バーミコンポスト/m2) (1.2 g) で最も高く、T4 (フミン酸 1.5 g/l + 1 kg バーミコンポスト/m2) (1.04 g) が続きました。

    フミン酸の適用は、花の乾燥重量の理由である可能性がある栄養素の取り込みを増加させました. キクにフミン酸を適用しても同様の結果が得られました [15]。

    植物当たりの花の収量

    T8 (フミン酸 1.5 g/l + 2 kg ミミズ堆肥/m2) が植物あたり最大の花の収量 (763.95 g)、続いて T7 (フミン酸 1 g/l + 2 kg ミミズ堆肥) を生成しました。

    植物あたりの最小の花収量 (355.25 g) は、 T1 (コントロール) で得られました。

    1 ヘクタールあたりの花の収量

    同様に、1 ヘクタールあたりの花の収量が最も高かったのはT8 (フミのン酸 1.5 g/l + 2 kg ミミズ堆肥/m2) で (47.01 トン)、次に T7 (フミン酸 1 g/l + 2 kg ミミズ堆肥/m2) (40.11 トン) でした。 そして最小の花収量(21.86トン)はT1 (コントロール) で得られました。

    フミン酸とミミズ堆肥の組み合わせの増量による栄養および開花パラメーターのより良いパフォーマンスは、花の収量を高めた可能性があります。

    4. 結論

    アフリカンマリーゴールドを対象とした本研究は、 T8 (フミン酸 1.5 g/l + 2 kg バーミコンポスト/m2)の施用が、他の処理と比較して、すべての栄養、開花、品質パラメーターに有意に影響することを示しました。

    ただし、費用対効果に基づいてバーミコンポストとフミン酸の商業的用途を決定するには、さらなる調査が必要と結論付けられております。

    また、フレンチマリーゴールドにバーミコンポストを適用した場合も同様の反応が見られているため、ほかの花に対しても同じような結果が得られることが予想されます。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました