• Total page views: 51,959

国連グローバル・コンパクトの10原則穴埋めクイズ

CSR検定
Site Statistics

    国連グローバル・コンパクトとは

    国連グローバル・コンパクトとは1999年の世界経済フォーラム(ダボス会議)において、当時の国連事務総長、コフィー・アナン氏が企業に対して提唱したイニシアチブです。

    グローバル・コンパクトの10原則は人権、労働、環境、腐敗防止の4分野・10原則から構成されます。

    このような原則が提案された理由としては、グローバリゼーションの負の側面が目立ち、過激なアンチ・グローバリゼーションの動きが出てきたことや、地球規模の課題を国家だけで解決することが限界で、企業などに役割を期待する必要が出てきたことが挙げられます。

    それでは、グローバル・コンパクトの4分野・10原則についてみてみましょう。

    1999年に提唱された時点では人権、労働、環境の9原則でしたが、2004年6月24日のGCリーダーズ・サミットにおいて腐敗防止に関する原則が追加されて10原則となりました。

    これらの10原則は世界人権宣言、国際労働機関の就業の基本原則と権利に関する宣言、地球サミットにて採択された環境と開発に関するリオ宣言、腐敗の防止に関する国際連合条約に基づいています。

    国連グローバル・コンパクト理解度クイズ

    (  A   )

    原則1 企業はその影響の及ぶ範囲内で国際的に宣言されている(  A  )の擁護を支持し、尊重する
    原則2 (  B  )に加担しない


    労働
    原則3 (  A  )の自由と団体交渉の権利を実効あるものにする
    原則4 あらゆる形態の(  B  )を排除する
    原則5 (  C  )を実効的に廃止する
    原則6 雇用と職業に関する差別を撤廃する


    環境
    原則7 環境問題の(  A  )なアプローチを支持する
    原則8 環境に関して一層の責任を担うための(   B   )をとる
    原則9 環境にやさしい技術の開発と普及を促進する


    (  A  )
    原則10 (   B   )を含むあらゆる形態の腐敗を防止するために取り組む

    全て答えられましたでしょうか?

    SDGsを学習する上で基礎になる部分ですので、答えられるようにしましょう。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました