• Total page views: 4,843

eco検定対策オリジナル無料模試〜Part1〜

eco検定対策
Site Statistics

    これまでeco検定の解説を行ってきましたが、しっかり身についているか過去の模試を参考にした実践問題を解いてみましょう。

    Welcome to your eco検定オリジナル模試part1

    パリ協定に関してふさわしくないものはどれ?

    温室効果ガスではないものは次のうちどれ?

    環境基本法で定義されている典型7公害に含まれないのはどれ?

    工場から排出される煙や、自動車の排気ガス成分が、紫外線と反応を起こし、発生する有害な物質は?

    有機水銀が原因となった公害病は次のうちどれ?

    ミレニアム生態系評価の報告書において、4分類される生態系サービスで「光合成による酸素の生成」はどれに分類されるか?

    トラックなどの貨物輸送をより環境負荷が低い輸送手段である鉄道輸送などに切り替えること

    正式名称が「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」と言われているものはどれ?

    生物多様性条約の目的としてふさわしくないものはどれ?

    放射性物質がある一定濃度を超えて含まれている廃棄物は?

    実際のテストでは100点満点とし、70点以上をもって合格となりますので、7割以上正解できれば、合格圏といえます。

    eco検定では、選択肢のうち適切なものを選ぶ問題と、不適切なものを選ぶ問題が出題されます。

    問題文を丁寧に読まないと逆の選択肢を選んでしまう可能性もありますので、ご注意下さい。

    4択ですので勘でも当たることはありますが、似たような解答が並んでいた場合、誤答に引っかかってしまいます。

    似たような語句はきっちり区別して覚えておきましょう。

    今回は、引っかかりやすいポイントを模試として出題しますので、テスト前の復習としてご利用いただければ幸いです。

    間違った問題は関連項目のリンクを貼って置きますので復習しておきましょう。

    eco検定対策オリジナル無料模試〜Part2〜へ進む。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました