• Total page views: 4,842

eco検定1スライド解説~廃棄物の区別編~

eco検定対策
Site Statistics

    こんにちは。

    今回は、eco検定で問われる廃棄物の区分について、責任範囲や廃棄物の種類に関するものをまとめました。

    廃棄物とは大きく、一般廃棄物と産業廃棄物に分けられます。

    一般廃棄物は主に家庭から出るもので、市町村が処理の責任を持ちます。

    一方、産業廃棄物は事業活動から生じる廃棄物で、事業者がその処理の責任を負います。

    これらの基本的な区分を理解することは、環境問題に取り組む上で不可欠です。

    それでは、視覚的にイメージしてその区分を覚えましょう!

    特に注目すべきは、特別管理廃棄物のカテゴリーです。

    これには、人の健康や環境に悪影響を及ぼす可能性のある廃棄物が含まれ、特別な処理が必要です。

    これらの廃棄物は通常のごみとは異なり、より厳しい規制の下で管理されています。

    特別管理一般廃棄物とは次のように定義され、PCB使用部品、廃水銀、ばいじんなどが該当します。

    一般廃棄物の中でも爆発性・毒性・感染性があり、人の健康や生活環境に被害を与える危険性のあるものは特別管理一般廃棄物に分類されます。

    https://reduction-t.com/column/column-565/

    同様に、特別管理産業廃棄物とは次のように定義され、通常の産業廃棄物より厳しい規制と処理基準が設けられた、廃油、廃酸、廃アルカリなどが該当します。

    「産業廃棄物」の中でも、爆発性・毒性・感染性があり、人の健康や生活環境に被害を与える危険性のあるものは「特別管理産業廃棄物」に分類されます。

    https://reduction-t.com/column/column-565/

    また、事業者が排出する”事業系ごみ”の中でも、市町村が処理する一般廃棄物と、事業者が責任を持つ廃棄物処理法で定義された産業廃棄物が区別されます。

    産業廃棄物の事業系ごみの例としては、燃えがら、汚泥、廃油、金属くずなどが該当します。

    一般廃棄物や産業廃棄物の詳細についてはコチラのサイトをご参照ください。

    ●理解度チェック問題

    次の文章で内容が正しいものには〇、誤っているものには×を回答してください。

    問題①一般廃棄物は都道府県が処理責任を持つ。

    回答はここをクリック

    × 一般廃棄物は市町村が処理責任を持つ

    問題②産業廃棄物とは、事業活動に伴って発生した廃棄物のうち法令で定められた廃棄物のことである。

    回答はここをクリック

    〇 産業廃棄物とは、事業活動に伴って発生した廃棄物のうち廃棄物処理法で定められた20種類に該当する廃棄物のことである。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました