• Total page views: 4,807

eco検定1スライド解説~生物多様性関連ワード編~

eco検定対策
Site Statistics

    はじめに

    生物多様性は、地球環境保全において重要なテーマの一つであり、eco検定でも問われることがある項目です。

    本記事では、eco検定で出題される生物多様性に関連したワードの意味についてポイントを解説します。

    1. 種の宝庫

    説明: 非常に多くの種類の生物が生息している場所を指します。生物多様性に富み、様々な生態系が存在する場所です。具体的な例としては、熱帯雨林、サンゴ礁、ガラパゴス諸島などが挙げられます。

    2. 生命のゆりかご

    説明: 生命が誕生し、育まれる場所を指します。マングローブ林は、様々な生物にとって重要な役割を果たしており、生命のゆりかごと呼ばれるにふさわしい場所と言えます。例えば、マングローブ林は、多くの稚魚の生息地となっています。マングローブ林の根は、稚魚にとって隠れ家となり、捕食者から身を守る役割を果たしています。

    また、 マングローブ林は、高潮や波浪から沿岸地域を守る役割を果たしています。マングローブ林の根は、土砂の流出を防ぎ、海岸線の侵食を抑制します。

    3. 緑の回廊

    説明:

    緑の回廊は、様々な生物が移動したり、生息したりする上で重要な役割を果たします。
    特に、森林破壊や開発によって生息地が分断された生物にとって、緑の回廊は新たな生息地となる可能性があります。緑の回廊整備により、生物多様性が保たれ、生態系のバランスが維持されます。
    また、渡り鳥は、長い距離を移動する際に、緑の回廊で休憩したり、餌を補給したりします。

    4. 海の熱帯林

    説明: サンゴ礁を指します。サンゴ礁は、地球上の生物多様性において最も重要な生態系の一つであり、様々な種類の魚類、無脊椎動物、藻類が生息しています。サンゴ礁は、生物の住処となるだけでなく、海岸線を守る役割も果たしています。

    サンゴ礁は、多くの魚類の産卵・育幼場となっており、漁業資源の涵養の役割や、波や高潮から海岸線を保護する役割を果たしています。

    共通点

    • 生物多様性: 上記の4つの用語は、いずれも生物多様性に富んだ場所を指します。
    • 重要な役割: いずれも、生物の生存や生態系維持において重要な役割を果たしています。
    • 保全の必要性: いずれも、人間活動による影響を受けやすく、保全が必要とされています。

    理解度チェック問題

    野生生物の移動経路を確保し、生息地の拡大と相互交流を促すために整備されるものは何でしょうか?

    1. 緑の回廊
    2. 生態系保護区
    3. 生命のゆりかご
    4. 種の宝庫

    回答はここをクリック

    正解:1. 緑の回廊 解説:森や緑地が連続して広がる帯状の土地を指します。生物の移動や生息場所として重要な役割を果たしております。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました