• Total page views: 51,930

eco検定1スライド解説~企業取組み編~CSR,CSV,SDGsの違いとは?ISOって何?

eco検定対策
Site Statistics

    ここでは、eco検定を勉強するうえで重要となってくる項目を1スライドにまとめていきます!

    CSR,CSV,SDGsの違いとは?

    企業は自社の利益のみを追求するだけではなく、環境活動やボランティア、寄付活動など、経済・環境・社会に対し責任を持って社会貢献へ取り組むことが重要視されています。

    このように、企業が取り組む社会貢献のことをCSRと言いますが、最近ではCSRにSDGsを組み込む企業が増えてきました。

    SDGsとは、国連が掲げる「世界中の人を誰一人取り残さない、持続可能な開発目標」のことです。

    SDGsの17の目標に取り組むことが、企業の社会的責任における貢献ということになります。

    そして、最近ではCSVという概念も広がっております。

    CSVとは企業の本業において利益を追求しながら、社会貢献にも繋げていくといった考え方です。

    このように、CSV,CSR,SDGsは社会的、国際的課題に取り組むといった点で類似していますが、ニュアンスは微妙に異なりますので、

    ISOとは?

    ISOとは「International Organization for Standardization(国際標準化機構)」のことです。

    頭文字をそのままとると「IOS」になりますが、「等しい」という意味のギリシャ語である「ISOS(イソス)」を由来とする説があります。

    ISOを取得することで、ISOが策定した要求事項に休み沿って品質や企画、環境などが統一されていることがわかり、顧客への信頼感につながります。

    前置きが長くなりましたが、eco検定において押さえておくべきは、以下の3つです。

    ISO9001

    ISO14001

    ISO26000

    環境マネジメントシステム(EMS)とともにしっかり押さえておきましょう!

    企業は単に利益追求をするのではなく、社会に貢献したり、社会の信用を得るため、規格を取ったりといろいろな取組みを行っています。

    企業が社会環境に与える影響は大きいと思いますので、しっかり理解しておく必要があるでしょう。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました