• Total page views: 11,222

ミミズ堆肥化中のシマミミズの生殖と発育に対する飼料材料のさまざまな組み合わせの影響

ミミズコンポスト
Site Statistics

    コチラの論文「Effect of Different Combinations of Feed Materials on the Reproduction and Development of Earthworm Eisenia fetida during Vermicomposting」ではこの論文は、水牛の糞と米ぬか(Rb)、小麦わら(Ws)、大麦ぬか(Bb)、バナナの皮(Bp)といった異なる飼料材料の組み合わせがシマミミズの生殖と発育に及ぼす影響を調べたものです。

    はじめに

    インドでは毎年、大量の農業廃棄物や食料廃棄物が発生しています (Garg et al., 2006)。

    中でも、 馬、ヤギ、羊の排泄物は、適切に管理されていない場合、有害な臭気の問題を抱えています (Gunadi et al., 2002; Garg et al., 2006)。

    一部の地元作物の収穫後に残る 小麦、パールミレット(トウモロコシに似た穀物)、ソルガム(イネ科の穀物)、果物の皮、野菜廃棄物などが問題となっている主要な廃棄物である。(Suthar、2008)


    ミミズは土壌の大型無脊椎動物で、持続可能な農業活動のために土壌の品質と健康を改善および維持する上で主要な役割を果たしています(Singh et al.、2014)。


    中でも、シマミミズ(E. fetida)は、ライフサイクルが短く、サイズが小さく、生殖だけでなく有機廃棄物の変換率も高い、ミミズ堆肥化に適したミミズ種です (Nath et al., 2009; Chauhan and Singh, 2012)。


    近年、飛灰は植物栄養素の優れた供給源として、特にミミズを使用したミミズ堆肥化によってリサイクルされている(Ananthakrishnasamy et al., 2009)。

    本研究の目的は、有機性廃棄物をより強力なミミズ堆肥に変換するために重要な特定の組み合わせで、シマミミズの成長と発育を促進することでした。

    材料および方法:

    実験にはシマミミズ(E. fetida)が使用されました。

    水牛の新鮮な糞は様々な農家から収集され、小麦わらやバナナの皮、さまざまなぬか、つまり大麦、グラム、米などの農業廃棄物は、精米所、豆精機、果物販売業者から収集されました。

    そして、水牛の糞と異なる農業廃棄物の6種類の組み合わせから、それぞれ2kgを選びました。

    すなわち、BD=水牛の糞、Rb=米ぬか、Ws=麦わら、Bb=大麦ぬか、Gb=グラムぬか、Bp=バナナの皮;と、30×30×10cm3の上に1:1:1(w/w)の割合で準備した水牛糞(BDをまぜたもの、およびBD対照を室温(28±2℃)で準備しました。
    この後、20 匹の環帯が未発達のシマミミズ 個体 (平均体重 218 ~ 246 mg) を各コンポストに導入しました。

    シマミミズの繁殖と成長速度の観測としては、バイオマス量と卵の生産量を、コンポスト上で 15 日ごとに最大 90 日間記録しました。

    分離後、各卵を湿った濾紙を含むペトリ皿内に30±2℃および70±5%RHで新たに置いた。

    そして、繁殖の指標として孵化した子ミミズの数が記録された。

    結果と考察:

    本結果は、水牛の糞(BD)と異なる農業廃棄物の組み合わせにおいて、シマミミズの卵から孵化した幼体数と、環体の発達の開始と最初の卵の形成の期間などについて調査され、水牛糞の単体(対照設定)と比較すると、シマミミズの環体の最初の出現、卵の形成、孵化した子の数に、とその成長から有意な変化が観察された。


    水牛糞+バナナ+グラムぬかの組み合わせは他の組み合わせよりもシマミミズにおける環帯の発達を促進し、対照のものでは22.33±1.05日であったのに対し、わずか16.50±1.18日しかかからなかった。

    水牛の糞とさまざまな農業廃棄物を組み合わせた場合、環帯の発達は著しく速くなりました。

    水牛糞+麦わら+バナナの組み合わせは、対照設定 (38.00±0.93 日) よりも有意な繭生産開始期間 (29.50±1.20 日) を示しました。

    しかしながら、卵形成期間(11.00±2.35〜15.67±1.41日)および同様に産卵開始期間(30.41±3.20〜32.64±3.52日)には有意差はなかった。

    水牛糞の対照(16.33±1.96 卵/worm) と比較して、水牛糞+麦わら+米ぬかの組み合わせ (26.00±1.71 卵/worm) では、有意に高い卵生産数が観察されました。 各卵からの孵化した幼体の生産量は、水牛糞と農業廃棄物との組み合わせで有意な差はありませんでした (1.83±0.31 から 2.17±0.31)。

    水牛糞の対照 (35.44 匹 幼体/worm) よりも 水牛糞+麦わら+米ぬか (47.58 匹 幼体/worm)で生産されたミミズあたりの孵化数がより多く観察されました。

    水牛糞+麦わら+グラムぬかの組み合わせでは、シマミミズの最大成長速度 (7.29±0.03 mg/worm/日) が播種され、その後、水牛糞の対照が播種されました。

    これは、水牛の糞を使用するか、麦わらおよびグラムぬかと組み合わせて使用すると、シマミミズのより良好な成長が得られることを意味します。

    まとめ

    インドでは、毎年大量の農業廃棄物や食料廃棄物が発生しています。

    これらの廃棄物は、適切に管理されていない場合、有害な臭気や環境汚染を引き起こす可能性があります。ミミズは、これらの廃棄物を分解して、土壌改良剤や肥料に変換することができます。

    本研究では、水牛の糞とさまざまな農業廃棄物の組み合わせで、シマミミズの成長と発育を促進する効果を検証しました。

    その結果、以下のような有意な差が見られました。

    ・水牛の糞とバナナの皮、グラムぬかの組み合わせで、シマミミズの環帯の発達が最も早い。

    ・水牛の糞と麦わら、米ぬかの組み合わせで、シマミミズの卵生産量が最も多い。

    ・水牛糞+麦わら+グラムぬかの組み合わせでは、シマミミズの成長速度が最大

    これらの結果から、水牛の糞と農業廃棄物を組み合わせて使用することで、シマミミズの成長と発育を促進し、より効率的に廃棄物を処理できることがわかりました。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました